医療の発展による長寿社会に禁酒や禁煙のすすめ!

現在日本の医療技術は世界一とも言われており、とくに放射線治療や化学療法の進歩は近年目覚ましい発展を遂げています。
日本人の平均寿命は男性で80才、女性では86歳を超えており世界屈指の長寿国であるのも医療の発展と言えるのでしょう。
ただ、長寿社会となる反面、癌や脳、心臓疾患などで若くして命を落とす人も増加する傾向が見られます。
これには、現代社会に潜む要因があり、ストレスや生活習慣などで、それらが体のリズムを崩し、代謝に異常をきたすと、癌や脳梗塞、心筋梗塞などを若くして発症するケースも多いでしょう。
嗜好を楽しむことで、ストレスを解消したり、脳をリセットさせる効果を得ることがあります。
その方法は人により異なりますが、飲食や喫煙などを主として行います。
例えば、間食、喫煙、ガムを噛む、飴を食べる、コーヒーや紅茶を飲むことなど、ブレイクタイムに行うことが多いでしょう。
さらに、仕事の後の飲酒も一日の疲れをリセットするために必要となることもあります。
ただ、思考と言えども過剰となれば、害があります。
とくに、喫煙と飲酒です。
喫煙は、ニコチンの作用で脳に覚醒作用を与え、リフレッシュとなることもあります。
しかし、次第にその効果が慢性化すると中毒症状となり、吸い過ぎによる健康被害が出ます。
また、飲酒も同様で過剰となれば消化器負担が掛かります。
飲酒や喫煙が慢性化した人は、禁酒や禁煙を試みることです。
禁煙はこれを行なうことで、将来起こりうる呼吸器の疾患を防ぐことが可能となります。
禁煙は禁煙外来にて医療でも治療が行なえます。
お酒は、たばことは異なり、適度であれば、体温が上昇し、血流が良くなることや、脳を刺激し、眠気を誘い、睡眠にてリセット効果を高めますが、過剰飲酒となれば不具合が出ます。
禁酒は禁煙よりも難しく、ただ、全くやめるというよりも、二日に一度は禁酒日と決めて適量で飲むことが良いでしょう。