医療上の様々な病気の予防に効果がある不飽和脂肪酸

医療の世界でも非常に注目されている栄養素の一つが不飽和脂肪酸です。血中でも固まることのない脂とも言える不飽和脂肪酸 には、たいへん多くの効果があります。
たとえば、オリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれており、このオレイン酸も不飽和脂肪酸の一つです。これには悪玉コレステロールを減らす働きがあります。悪玉コレステロールが増えると、恐ろしい病気の一つである動脈硬化を引き起こす確率が高くなります。しかしオレイン酸の摂取によって成し遂げられるのは、悪玉コレステロールを減らすことだけではありません。大きなメリットとして、動脈硬化を防止するのに役立つ善玉コレステロールを減らしてしまうことはないという点を挙げることができます。つまり、不飽和脂肪酸を適量摂取することによって、動脈硬化を予防することができるのです。
また不飽和脂肪酸と言えば、やはり青魚が有名でしょう。青魚に含まれているDHAやIPAには、中性脂肪を減らす効果があると同時に、血栓ができるのを予防する働きも持っています。
さらに、コーン油や大豆油に含まれているリノール酸も不飽和脂肪酸の一つです。しかし、このリノール酸は摂り過ぎると、医療上の問題を招くと言ってよいでしょう。なぜなら、悪玉コレステロールを減らすと同時に、摂り過ぎると善玉コレステロールまで減らしてしまうからです。また過剰摂取によって、肥満を引き起こすだけでなく、動脈硬化や血栓を進行させてしまうこともあると言われています。それで医療上の問題を招かないためにも、この種の不飽和脂肪酸を摂取する時には、摂り過ぎに十分注意することができるでしょう。またこれらの病気を予防することに加えて、ほかにも脳に関する病気の予防にも効果があるということで知られています。是非とも不飽和脂肪酸を毎日適量摂取して、より健康的な生活を目指しましょう。