美容整形は医療保険がきかないので注意

医療機関を受診する際に持参する物と言えば健康保険証ですが、もちろん全ての医療機関において健康保険証が使えるかと言うとそうではありません。正確に言うと、治療内容によっては健康保険証を持参しても100%自費と言う場合があります。健康保険証が使える場合と言うのは、個人は治療費の3割を負担するだけで良く、残りの7割は国で負担する仕組みになっています。例えば、治療費が10000円だった場合、個人の負担金は3000円で済むことになります。健康保険と言うのは、このようにいざと言う場合、非常に効果が大きいのです。健康保険が適用されない場合の代表例が、美容整形です。美容整形はどんな治療内容でも保険が適用されないのです。その為、治療費はかなりの金額になります。適用されない理由としては、病気や怪我で仕方なくかかる医療機関ではなく、自分の意思でかかる医療機関になります。そう言う事なら、国が負担する必要はないと言う考え方です。美容整形の治療内容は多種多様です。プチ整形と呼ばれる比較的リーズナブルな治療から、目や鼻などの整形、さらには肌の色までも整形してしまう場合もあります。このような場合は、数十万単位での話ではなく、かなり高額な治療費となるでしょう。最初に、美容整形では、保険が適用されないと話しましたが、場合によっては適用されます。例えば、怪我をした場合です。怪我をした場合、いたし方ない事ですし、治療しなければ、命に関わる場合も出てくるからです。また、先天性異常が発生した場合も同様です。良くあるケースにダウン症と呼ばれるものがありますが、精神的な部分だけではなく、外見にもその影響が出る場合があります。特に、顔の部分に影響が出る場合が多いようです。